人気ブログランキング |

タグ:English ( 69 ) タグの人気記事

 

St.Martin's: Day-375

1993年6月に渡英し、しばらくは公立の現地校に通わせたが
12月から長男が通った私立校(Prep school:プレップと呼ばれる)は、
St.Martin's School in Northwood
見学に行ったのは9月だった。
広い校庭が青い青い芝生で、サッカーの対校戦に興ずる生徒たちを見て感動。
c0181238_2226518.jpg

「絶対この学校に子供達を通わせる!」と思ったものだ。

すぐに合格通知を頂いたのだが、その頃住んでいた場所からは片道30分は車でかかるので
まだその道のりを毎日往復する自信はなく、引っ越しをしてから通うことになり
12月に引っ越し・転校させた。

制服は濃紺にブルーの太いストライプが入ったブレザー
ブルーのキャップとネクタイ
グレーのズボン
c0181238_22171914.jpg

最初の担任の先生は Miss Brewer 若く明るく綺麗な方だった。
長男の担任を終えた後、彼女はイートン校に転校してしまい残念だったが、
それだけ優秀な先生だったのだろう。

入学してしばらくたってから Miss Brewer から手紙をもらった。
「Please bring cuddling things with him」
抱くものを持って学校へ行く?????

お迎えに行った時に聞いてみると
「明日、テストがあるので気持ちを落ち着かせるために
ぬいぐるみや毛布などを持ってきても良いですよ!」 とのお答え

えぇぇぇ もう小学校2年生ですが・・・・・
びっくりしたが、翌日もっと驚いた。
皆、ライオンやら蛇やらをひきずっている。
中には自分よりも大きなぬいぐるみを持ってきている子もいたのだ。

その子達ももう25,6才、時にFacebookで見る彼らは
立派な大人で活躍している。

以上、Day-375です。

  by aldenhamschool | 2012-01-17 22:03 | プレップスクール

Janet : Day-374

今年ブログを再開するにあたり今までのように学校の情報をお伝えするのに加えて、17年に渡る英国生活で体験した驚き・発見・輝き・失敗・思い出などをお伝えしていこうと考えた。
きっとこのブログの読者の方は英国生活や英国留学にご興味のある方だと思うので
同じような経験をされた共感を持たれる方もいらっしゃるだろうし
少し時代は経てはいるが、今後遭遇される方もいらっしゃるだろう。
何かのお役に立てればと思う。 
そして何よりも我が家の思い出の記録になればと願っている。

という訳で、まず最初に思い出したのが「Ms Janet」
Janet は名前であるからこの呼び方は正しくない。
しかし日本人は何故か皆 「 Ms Janet 」と呼んでいた。
今となっては彼女の名字は何だったのだろうか? 思い出せない。

最初に住んだのはMetropolitan Line の Preston Road であるが
そのあたりの日本人御用達の英語の先生だ。

最初に3か月間だけ通った公立現地校の先輩日本人ママさんたちからの紹介で
我が家の長男も英語を習った。

私も生活面で分からないことなど助けて頂いた。
一番記憶にあるのがガソリンの入れ方を教えて頂いたことである。
今では日本でも普通だと思うが、イギリスではその当時から・・きっともっと以前から
Petrol Station では自分でPetrol を入れなくてはならず
最初に入れ方を教えてもらったのだ。

運転免許も渡英の僅か1週間前に取った自分が
Petrol を自分で入れているというほんの少しの達成感と
これからこの地でしっかりと子供達を守っていかねば という覚悟とともに
今でも時々その時のPetrol の匂いとJanetの笑顔が思い出される。

以上、Day-374です。

  by aldenhamschool | 2012-01-14 22:18 | 倫敦生活

Mr Munning: Day-373

日本経済新聞の朝刊に連載中の「C世代駆ける」で「ほめる達人検定」についての記事を読んだ。

高度成長期を知らず成功体験の乏しい若手のやる気をどう引き出すか悩める管理職に人気の資格だそうです。相手の長所をみつけ、短所さえも前向きにとらえる極意を磨きその技術を1級から3級で認定するんですって。

これを見てすぐに思い出したのが Mr.Munning だ。
BBC シンフォニーのトップビオラニストで 長男がピアノを二男がヴァイオリンを教えて頂いた
最初の先生だ。

とにかく「褒める・褒める・褒める」
もちろん彼の口から 「何でこう弾けないんだ?」「練習はしたのかい?」なんてお言葉は
一度たりとも聞いたこともない。

お蔭でレッスンに付いて行った私まですっかり癒されてしまい、レッスンを聴きながら居眠りしてしまったことも一度や二度ではないだろう。

極め付けは二男が一週間何もせず、たぶんケースからヴァイオリンを出すこともなくレッスンに行った時  

息子 「今週は何もしなかったんです」
Mr.Munning 「You are GOOD BOY are't you!」
息子&両親  ?????
Mr.Munning 「正直に言ってくれた! また今日から始めればいいよ」

Mr.Munningがこの検定を受けたら間違いなく超特級だろう。


以上、Day-373です。

  by aldenhamschool | 2012-01-11 23:28 | 英語

Royal Wedding: Day-372

皆様ご無沙汰してしまい申し訳ございません。公私に忙しくしており、つい失礼してしまいました。
夫の事務所改装工事、長男の香港赴任、二男の長期英国滞在等に加え沢山のことがあった次第です。

昨日は、待ちに待ったRoyal Weddingでしたね。
c0181238_1347203.jpg

何度行ったかわからないWestminsterやBuckingham、The Mallの風景を眺めながら感慨に浸っていました。英国らしい色使いはとても素敵です。
c0181238_1348186.jpg

そして、BBC Worldの画面からはあの聞きなれたアクセント。やはりこうでなくては、楽しめません。最近観た映画の"King's Speech"を思い出しながら、延々と中継を見ていた昨日でした。

以上、Day-372です。

  by aldenhamschool | 2011-04-30 13:49 | 英語

Summer School 2011: Day-371

2011年の7~8月に英国でのサマースクールをご希望でしたら、お早めに知らせ下さい。

今年は例年になくスタートが早く、申し込みが続いています。1597年創立の伝統ある我が校で過ごすサマースクールは特別な思い出となることでしょう。
c0181238_23254991.jpg

また今年は女子だけの企画ですが、オックスフォード大学内に宿泊するコースもございます。
12~15才のために開催されるコースは、7月3日から17日までの2週間です。
オックスフォード大学のSt Benet’s Hallに滞在する機会は滅多にない貴重な経験となるでしょう。

以上、Day-371です。

  by aldenhamschool | 2011-02-14 23:25 | サマースクール

Snow-366

皆様、御無沙汰してしまい失礼いたしました。明日はもう師走。やはり忙しくしております。
c0181238_17512186.jpg

Snow is expected to blanket Britain today with no part of the country escaping the big freeze.
London, the South East and the Midlands, which had until now largely escaped the worst of the
severe weather, are all likely to be covered by up to two inches of snow, forecasters have warned.


それにしても、イギリスの寒波は凄まじい様子。思い返せば学校への送り迎えで何度雪や氷に悩まされたことでしょう。片道15分の道で4時間かかってまだ着かないというようなこともありました。。 "blanket Britain"=なんて素敵な響きでしょう。す~っと言いたいものです。

学校が休みになり、屈託なく遊ぶ子供たちが羨ましいですね。(↓オーデナム校の生徒たち)
c0181238_1854341.jpg


以上、Day-366です。

  by aldenhamschool | 2010-11-30 18:06 | 英語

G20: Day-365

c0181238_17434138.jpg

ソウルで始まったG20。難題が山積みの今、問われているのは大国が協調して乗り切る用意があるのかどうか。

BBCが伝える表現をいくつかご紹介します。

The G20 group of the world's 20 most powerful countries is facing great challenges.
こういう英語ってとても好きです。日常でも耳障りがよいので活用できる表現でしょう。

Leaders from the G20 major economies are heading for the South Korean capital Seoul for their fifth summit. But have they run out of steam?
うまく表現しますよね。言われるとわかるのですが、なかなか自分では言えません。堂々と言い切る勇気が求められます。そのためにはキチンと正しい英語を覚え自信を持たないといけません。

The US Federal Reserve has been widely blamed for driving the dollar down.
これも覚えてしまえばしっかりと応用できます。忘れないで下さいね。

Ahead of the summit, the US came up with a concrete proposal.
これもイギリス英語では頻繁に使います。"come up with ~"って簡単ですよね。でも正しいです!

But there is little chance of that being accepted at the summit.
簡単英語が続きます。"little chance of ~"って便利でしょう?

There is a view that the G20 summits have lost momentum.
これもイギリス人は好きなんですよ。"lost momentum".言われないようにしましょう。

まだまだありますけど、これだけ覚えれば今日は充分ですね!?

以上、Day-365です。

  by aldenhamschool | 2010-11-12 00:01 | 英語

Prep: Day-356

c0181238_10591164.jpg

将来、英国パブリックスクールに入学を希望する方全員に我が校に入学頂けるわけではありませんが、その準備のお手伝いをすることは可能です。そのサービスの一つが個人指導です。

また、まだ小さなお子さんのために、英語個人指導が可能です。日本ではアメリカ英語が主ですが、英国パブリックスクールを目指すなら、本場の英国アクセントが必要です。
幸い二男は、2才から昨年まで17年間、私立校で過ごしてきましたので、英国パブリックスクールの自然なアクセントでご指導させて頂きます。現在は大学1年生。日本では主流の英語テストTOEICはもちろん一回で満点でした。ご興味がおありでしたら、以下の通り、お願いいたします。

① まず、メールにて(naokofromlondon@yahoo.co.jp)までご連絡下さい。(無料)
② 30分程度の電話での内容確認とご相談をお受けします。(無料)
③ 当オフィスまたはご指定の場所での面談を行います。(一部、有料)
④ その後、ご希望の内容に応じて、ご指導させて頂きます。(有料)

以上、Day-356です。

  by aldenhamschool | 2010-10-14 10:59 | プレップスクール

Partnership: Day-355

c0181238_841788.jpg

バーミンガムで開催された保守党大会。首相として登壇したDavid Cameron氏(イートン校出身)は、財政再建への決意を表し、国民にも相応の痛みを求めながら、必ず将来は明るくなると言い、こう訴えました。

‘So to get out of the mess we’re in, changing the government is not enough. We need to change the way we think about ourselves, and our role in society. Your country needs you.’

まるで戦時中のようにして訴える"Your country needs you."は先の選挙で政権交代を果たした国民の愛国心を再度突き動かし、一致団結して難局を乗り越えていくことでしょう。c0181238_85124100.jpg

個人的にも永年キャメロン氏とはご縁がありますので、これからも氏を応援していきたいと思います。

それにしても、念仏を唱えるかのようにいつも下を向いて原稿を読むだけの日本の政治家には交代頂き、国民を感動させるようなスピーチとパッションを見せる人物に世に出てほしいと思うのは私だけでしょうか。

以上、Day-355です。

  by aldenhamschool | 2010-10-07 08:53 | 英語

New Leader: Day-353

c0181238_21195150.jpg

英国労働党の新党首に40才のミリバンド氏が選出されました。5人が立候補した選挙は、一人づつ落選していく方式で、最後に残ったのは45才のミリバンド兄と40才の弟。議員票では有利だった兄に対して党員、労働組合からの支持を集めた弟が逆転勝利。最終的な票差は1.3%という労働党史上最少差での選出。これで43才のキャメロン首相に対抗する若き英国政界のリーダーが揃いました。

Ed Miliband is the new leader of the Labour party, after he rode a wave of support from trade union members to beat his brother, David, by the tightest of margins.

Ed Miliband’s victory was secured in the fourth round of a leadership contest after the elimination of Diane Abbott, Andy Burnham and Ed Balls. To gasps in the hall, he ended with 50.65 per cent of the vote, with David Miliband winning 49.35.


イートンからオックスフォードに進んだキャメロン氏とは違い、労働党らしく公立校からオックスフォードに進んだミリバンド氏。両氏の議会でのディベートが今から楽しみです。

以上、Day-353です。

  by aldenhamschool | 2010-09-26 21:26 | 音楽

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE