タグ:日本デスク ( 86 ) タグの人気記事

 

Tribute: Day-376

昨晩悲しいお知らせが届きました。

今までMr.Aldenham や Guardianとしてこのブログでも度々ご紹介した Mr John McAllisterが突然お亡くなりになられました。享年67歳でした。

2月はカザフスタンに駐在している息子さん御一家を訪問し28日にロンドンに戻るので、また帰ってきたらゆっくり話そう と言ってくれていたのに。。29日にロンドンのお嬢さん御一家に会いに行かれている時に心臓発作で亡くなられたそうです。

息子たちの恩師で、我々にとってかけがえのない友人であるMr John McAllisterは、ケンブリッジを出てからオーデナム一筋。言わばオーデナムを知りつくし、最もオーデナムを愛している人物でしょう。

校長から、同窓会から、また息子たちの友人から、次々に連絡をもらう度に、一層悲しさが増します。息子たちの演奏会やサッカーの試合には必ず応援に来てくれ、優しい笑顔で、"Well done, young man!"と褒めて下さいました。ガーディアンとしても日本人の面倒を本当に親身にみてくれたジョン。まだ67歳。あの温かいJohnにはもう会えないと思うと悲しく切なく…今日は東京の空もJohnの死を悼むかのように重たい雲に覆われています。心からご冥福をお祈りしております。

◆ロンドンの我が家でくつろぐジョン・2009年6月◆
c0181238_22154039.jpg

ジョンについては、ここをご覧ください。

以上、Day-376です。

  by aldenhamschool | 2012-03-02 22:17 | 学校紹介

Prep: Day-356

c0181238_10591164.jpg

将来、英国パブリックスクールに入学を希望する方全員に我が校に入学頂けるわけではありませんが、その準備のお手伝いをすることは可能です。そのサービスの一つが個人指導です。

また、まだ小さなお子さんのために、英語個人指導が可能です。日本ではアメリカ英語が主ですが、英国パブリックスクールを目指すなら、本場の英国アクセントが必要です。
幸い二男は、2才から昨年まで17年間、私立校で過ごしてきましたので、英国パブリックスクールの自然なアクセントでご指導させて頂きます。現在は大学1年生。日本では主流の英語テストTOEICはもちろん一回で満点でした。ご興味がおありでしたら、以下の通り、お願いいたします。

① まず、メールにて(naokofromlondon@yahoo.co.jp)までご連絡下さい。(無料)
② 30分程度の電話での内容確認とご相談をお受けします。(無料)
③ 当オフィスまたはご指定の場所での面談を行います。(一部、有料)
④ その後、ご希望の内容に応じて、ご指導させて頂きます。(有料)

以上、Day-356です。

  by aldenhamschool | 2010-10-14 10:59 | プレップスクール

入学年齢(訂正): Day-354

c0181238_20151070.jpg


                      *** お詫びと訂正 ***
昨日このページでアップした内容において、Year 9での入学年齢について、14才になる年(入学時点で満13才)とすべきところを13才(満12才)と1年間違ってしまいました。ここに訂正して、改めて記載させて頂きます。申し訳ございませんでした。
(10月1日訂正)

======================================================================

現在小学校生で、中学生になってからの留学をご予定の方からもお問い合わせがございます。

英国パブリックスクールのメインスクールには、満13才の生徒が9月に入学します。例を上げますと、現在は12才か13才で、来年2011年9月から2012年8月までの1年間に14才になるお子さんが、2011年9月に新入生として、パブリックスクールに入学することになります。

このメインスクールに入学する学年をYear 9と呼びます。Year 3からYear8までは、プレップ・スクール(私立の小学校で、パブリックスクールへ入学するための、Feeder Schoolとも呼ばれます)で、まだパブリックスクールではありません。ロンドン中の様々なプレップ・スクールから受験してメインスクールに入学するわけです。
c0181238_201642.jpg

従って、英語や勉強の面でも、学校生活に慣れる上でも、この14才になる年に他のお子さんと一緒に新入学することがベストと言えます。15才になってからですと、わずか1年の違いですが、日本人にとっては大きな差となりますので、お子さんのためにも、できれば考慮すべき点と思われます。

もし中学になってからの留学をご予定されるのでしたら、2011年4月から8月までは、日本の中学2年生の途中まで在籍するか、英国のパブリックスクールに入る前の準備段階として、現地で数か月間の語学留学期間を経てからメインスクールに入学したり、オーデナムに付属するプレップスクールで過ごす方法もあります。

ご要望があれば、学校紹介パンフレットをお送りしますので、ご連絡下さい。もちろんオーデナムスクール・ジャパンデスク(東京都港区)までお越し頂くか、ご指定の場所でお会いすることも可能です。ご連絡をお待ちしております。

以上、Day-354です。

  by aldenhamschool | 2010-09-30 20:16 | よくあるご質問:FAQ

個人留学手配: Day-351

c0181238_12501220.jpg

皆様からのお問い合わせで多いのが、パブリックスクール入学を個人で手配する場合のサポートについてです。

私たちは、あくまで二人の息子が通った経験を通して、校長からの依頼で、正式な日本デスクとして、オーデナム校への留学を希望する方との面談、合否判定、入学までの手続き、ガーディアンの手配、などを行っています。

しかしながら、英国パブリックスクールに入学を希望する方全員に我が校をご紹介するわけにもいきません。様々な理由で他校を希望されたり、個人的に手配されたりすることもおありでしょう。また英国プレップスクールへの留学、そして転勤その他の理由での渡英に伴う教育相談などのサポートのお問い合わせがあるのも事実です。また、全てを留学エージェントを通しての手配に不安を覚える方からのセカンドオピニオン依頼などもございます。

そこで、一定の条件のもとで、他校への留学をご手配される方、個人的に留学手配をされる方、などを対象として、サポートさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

そのためには、以下にご留意下さい。
① まず、メールにて(naokofromlondon@yahoo.co.jp)までご連絡下さい。(無料)
② 1時間以内の電話での内容確認とご相談をお受けします。(無料)
③ 当オフィスまたはご指定の場所での面談を行います。(一部、有料)
④ その後、ご相談内容に応じて、サポートさせて頂きます。(有料)
⑤ 英国以外への留学には対応致しかねます。
⑥ 英国の大学への留学に関するご相談には応じかねます。
c0181238_1251449.jpg

一般の「留学エージェント」ではなく、オーデナム校での実績があるからこそできるサービスです。英国パブリックスクールとはどんな環境で、どのようにして入学が可能か、学校とのレターや書類のやり取りに込められた本当の意味と歴史的背景、英国パブリックスクールが求める父兄・生徒像と日本人の常識とのギャップ、寮生活や学内人間関係への不安、ガーディアンの選定・契約交渉など様々な側面からサポートさせて頂きます。もちろん学校との交渉、連絡代行はもとより、願書他書類記入、きちんとした英国式レターの作成、など内容はご要望に応じて対応させて頂きます。

以上、Day-351です。

  by aldenhamschool | 2010-09-20 12:51 | 入学案内

First Day: Day-349

c0181238_15541182.jpg

明後日の火曜日から新学年を迎えるAldenahm校。そして、渡英していたS君が入寮されました。
Aldenhamianの仲間となったS君がこれからどんな風に学校に馴染み、友達を作り、英国紳士となられるのでしょうか、成長がとても楽しみです。もちろんそのためのお手伝いを精一杯させていただきます。

S君のご両親のご決断と何より御本人の意欲に心から敬意を表します。Good luck!!

以上、Day-349です。

  by aldenhamschool | 2010-09-05 15:54 | 入学案内

入学準備: Day-343

サマースクールに参加されているS君。慣れない一人旅にも関わらず無事にオーデナムまで到着。早速「食事がもっと美味しければなぁ・・」とのメールがお母様にあったとのことですから、元気に過ごしている証拠。ひと安心です。

S君は、9月には待ち望んだオーデナムへの入学となります。折角の機会ですから、ガーディアンのジョンと一度会って頂くことになっています。ジョンとの電話で自らアポイントを設定し終えたS君。大したものですね。
c0181238_9133118.jpg

これからは、お母様にとっては、入学に際して必要な洋服へのネーム貼り付けが大仕事でしょうか。それ以外にも色々とお教えしたいことがございます。どんな疑問でも遠慮なくお問い合わせ下さい。

以上、Day-343です。

  by aldenhamschool | 2010-08-03 09:13 | サマースクール

Joining Pack: Day-339

c0181238_12325353.jpg

大変ご無沙汰してしまい、申し訳ございません。公私共に忙しくつい筆が遠のいてしまい、反省しています。

9月に入学される生徒さんへ入学に関する案内等一式が到着しています。あとはVISAを取得するための書類が今週届くようになっています。これで9月入学に向けて御父兄もホッとされたことでしょう。

ジャパンデスクも学校と連絡を密にして皆さんのお力になれるよう努力いたしておりますので、ご不明な点、ご不安な点など、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

以上、Day-339です。

  by aldenhamschool | 2010-06-22 07:32 | 入学案内

進学先: Day-327

c0181238_15381610.jpg

先日送られてきたスクールマガジンには、一昨年の卒業生の進路も発表されています。例年、"Oxbridge"(オックスフォード/ケンブリッジ)に進学する者もいれば、"Red Brick University"
(マンチェスター、バーミンガム、リーズ、リバプール、シェフィールドとブリストルの6大学)を選ぶ生徒もいます。昨年卒業した二男の友人の多くも、"Red Brick"に進みました。
c0181238_15391468.jpg

もちろん当人のAレベルの最終成績により、また、専攻したい学科などにより、選択する大学は違ってきます。日本からの留学生の場合も、英国に残るか、日本に進むかで大きく変わってきます。一昨年卒業した日本の留学生は、名門スターリン大学の医学部に希望通りに進みましたし、昨年卒業した二男は、長男と同じ東京の大学を選びました。
どんな進路を希望しようと、学校のきめ細かいケアがありますし、私たちも出来る限りのサポートをさせていただきますので、ご安心下さいませ。

以上、Day-327です。

  by aldenhamschool | 2010-05-04 15:39 | 学校紹介

留学に何を望むのか?: Day-321

皆さんはお子様の留学に何を期待していらっしゃいますか?
英語力 適応力 経験 生きる力 回答は様々でしょう。

更にその留学の後に何を期待されていらっしゃるのでしょうか?
そして、私達、親はその選択が正しかったと確信出来るのでしょうか?

たとえ何があろうとも、親は自分達の決めたことは正しかったと信じて、子供たちを送り出してやるしか出来ないのではないでしょうか。 
きっとその強い気持ちがお子様達を支え、励みとなり、そしてお子様たちも親御さんも胸を張って、良い年月だったと言い切れる結果を生み出してくれると思います。

留学のご相談をよく受けますが、留学に何を望むのか、そしてその望みを叶える為にはどこへ
いつ、どうやって行くのがベストなのかを親子でよく理解し話し合っておかないと足元がぐらついてしまうようです。

留学という手段を使って親も子も人生を見つめ直す良い機会だと思っていただきたと思います。

以上、Day-321です。

  by aldenhamschool | 2010-04-08 21:20 | パブリックスクール

入学式: Day-320

好天に恵まれた昨日、次男と共に大学の入学式に参列いたしました。
まずは、大学オーケストラが演奏する東京国際フォーラムでの式典です。
c0181238_19111181.jpg

式典の後には、丸の内で勤務する長男も祝福に駆けつけてくれました。これで、二人の息子たちは、小学校から大学まで全く同じ道を歩むこととなりました。7才と2才でロンドンに渡り、通ったPre-Prep、Prep、Public、そして日本の大学まで同じことになるとは、当初は思いもしませんでしたが、これはこれで、彼らにとっても素晴らしいことだと思います。

式典の後は、大学へ移動して学部長主催の父兄懇談会、後援会主催の父兄のための懇親会、教会での歓迎礼拝と、いずれもとても心に残る素晴らしいものでした。
c0181238_1911528.jpg

50年前に大学卒業生たちが植えた桜が、今や東京を代表する並木道に育ったように、二男もこの4年間でまた立派に育ってもらいたいものだと痛感し、桜の綺麗さが目に沁みた一日となりました。

以上、Day-320です。

  by aldenhamschool | 2010-04-02 10:09 | 東京生活

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE