<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

入学年齢(訂正): Day-354

c0181238_20151070.jpg


                      *** お詫びと訂正 ***
昨日このページでアップした内容において、Year 9での入学年齢について、14才になる年(入学時点で満13才)とすべきところを13才(満12才)と1年間違ってしまいました。ここに訂正して、改めて記載させて頂きます。申し訳ございませんでした。
(10月1日訂正)

======================================================================

現在小学校生で、中学生になってからの留学をご予定の方からもお問い合わせがございます。

英国パブリックスクールのメインスクールには、満13才の生徒が9月に入学します。例を上げますと、現在は12才か13才で、来年2011年9月から2012年8月までの1年間に14才になるお子さんが、2011年9月に新入生として、パブリックスクールに入学することになります。

このメインスクールに入学する学年をYear 9と呼びます。Year 3からYear8までは、プレップ・スクール(私立の小学校で、パブリックスクールへ入学するための、Feeder Schoolとも呼ばれます)で、まだパブリックスクールではありません。ロンドン中の様々なプレップ・スクールから受験してメインスクールに入学するわけです。
c0181238_201642.jpg

従って、英語や勉強の面でも、学校生活に慣れる上でも、この14才になる年に他のお子さんと一緒に新入学することがベストと言えます。15才になってからですと、わずか1年の違いですが、日本人にとっては大きな差となりますので、お子さんのためにも、できれば考慮すべき点と思われます。

もし中学になってからの留学をご予定されるのでしたら、2011年4月から8月までは、日本の中学2年生の途中まで在籍するか、英国のパブリックスクールに入る前の準備段階として、現地で数か月間の語学留学期間を経てからメインスクールに入学したり、オーデナムに付属するプレップスクールで過ごす方法もあります。

ご要望があれば、学校紹介パンフレットをお送りしますので、ご連絡下さい。もちろんオーデナムスクール・ジャパンデスク(東京都港区)までお越し頂くか、ご指定の場所でお会いすることも可能です。ご連絡をお待ちしております。

以上、Day-354です。

  by aldenhamschool | 2010-09-30 20:16 | よくあるご質問:FAQ

New Leader: Day-353

c0181238_21195150.jpg

英国労働党の新党首に40才のミリバンド氏が選出されました。5人が立候補した選挙は、一人づつ落選していく方式で、最後に残ったのは45才のミリバンド兄と40才の弟。議員票では有利だった兄に対して党員、労働組合からの支持を集めた弟が逆転勝利。最終的な票差は1.3%という労働党史上最少差での選出。これで43才のキャメロン首相に対抗する若き英国政界のリーダーが揃いました。

Ed Miliband is the new leader of the Labour party, after he rode a wave of support from trade union members to beat his brother, David, by the tightest of margins.

Ed Miliband’s victory was secured in the fourth round of a leadership contest after the elimination of Diane Abbott, Andy Burnham and Ed Balls. To gasps in the hall, he ended with 50.65 per cent of the vote, with David Miliband winning 49.35.


イートンからオックスフォードに進んだキャメロン氏とは違い、労働党らしく公立校からオックスフォードに進んだミリバンド氏。両氏の議会でのディベートが今から楽しみです。

以上、Day-353です。

  by aldenhamschool | 2010-09-26 21:26 | 音楽

ダービーマッチ: Day-352

9月からの新学期のメインスポーツはフットボールです。近代サッカーのルールを統一したのが英国パブリックスクールだったと言うのは意外に知られていません。我が校はイートン、チャーターハウス、ウェストミンスターなどと共にルールを策定して、後に主要メンバーとして設立した団体がFA(Football Association)だったのです。そのFAこそが世界最古のサッカートーナメントとして始まったFA Cup‐日本で行われている天皇杯のお手本であります。
(↓ 全イングランドの6人制大会の敗者復活トーナメントで優勝したオーデナム代表チーム)
c0181238_037355.jpg

そのEngland FAの下部組織となったISFA(Independent Schools Football Association)は、私立校(Independent Schools) が加盟する団体で、様々な大会を開催し、イングランド代表チームを海外に派遣しています。我が校の生徒も、一昨年の代表チーム(U16)のキャプテンを務めています。

その地域リーグとしてあるのが、「南イングランドリーグ」。我が校は、その北部ゾーンに属しています。相手は、イートン、ウェストミンスター、ハイゲイト、チグウェル、ブラッドフィールド、ブレントウッド、フォレストの7校。いずれも名門の強豪ばかりです。
(各年代で毎年行われる交流戦:↓ はU15のチーム:Y10)
c0181238_041044.jpg

先週対戦したのは、ハイゲイト(Highgate)。一番近くにあるライバル校で、我が校の現校長Mr Fowlerは、ハイゲイト校の前教頭。リーグ初戦のブラッドフィールド戦で敗れたこともあり、負けられない一戦となりました。アウェーでの対戦にも関わらず大勢の応援を受けて、いつもながらの白熱した試合。結果、4-3で逆転勝利することができました。今後の活躍が期待されます。

ISFAのホームページでの解説は、以下の通り。熱戦の様子が伝わってきます。
Highgate and Aldenham shared seven goals in an exciting encounter in the Northern Division. Aldenham recovered from heavy defeat in their first match to produce a morale boosting victory.

以上、Day-352です。

  by aldenhamschool | 2010-09-22 23:59 | スポーツ

個人留学手配: Day-351

c0181238_12501220.jpg

皆様からのお問い合わせで多いのが、パブリックスクール入学を個人で手配する場合のサポートについてです。

私たちは、あくまで二人の息子が通った経験を通して、校長からの依頼で、正式な日本デスクとして、オーデナム校への留学を希望する方との面談、合否判定、入学までの手続き、ガーディアンの手配、などを行っています。

しかしながら、英国パブリックスクールに入学を希望する方全員に我が校をご紹介するわけにもいきません。様々な理由で他校を希望されたり、個人的に手配されたりすることもおありでしょう。また英国プレップスクールへの留学、そして転勤その他の理由での渡英に伴う教育相談などのサポートのお問い合わせがあるのも事実です。また、全てを留学エージェントを通しての手配に不安を覚える方からのセカンドオピニオン依頼などもございます。

そこで、一定の条件のもとで、他校への留学をご手配される方、個人的に留学手配をされる方、などを対象として、サポートさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

そのためには、以下にご留意下さい。
① まず、メールにて(naokofromlondon@yahoo.co.jp)までご連絡下さい。(無料)
② 1時間以内の電話での内容確認とご相談をお受けします。(無料)
③ 当オフィスまたはご指定の場所での面談を行います。(一部、有料)
④ その後、ご相談内容に応じて、サポートさせて頂きます。(有料)
⑤ 英国以外への留学には対応致しかねます。
⑥ 英国の大学への留学に関するご相談には応じかねます。
c0181238_1251449.jpg

一般の「留学エージェント」ではなく、オーデナム校での実績があるからこそできるサービスです。英国パブリックスクールとはどんな環境で、どのようにして入学が可能か、学校とのレターや書類のやり取りに込められた本当の意味と歴史的背景、英国パブリックスクールが求める父兄・生徒像と日本人の常識とのギャップ、寮生活や学内人間関係への不安、ガーディアンの選定・契約交渉など様々な側面からサポートさせて頂きます。もちろん学校との交渉、連絡代行はもとより、願書他書類記入、きちんとした英国式レターの作成、など内容はご要望に応じて対応させて頂きます。

以上、Day-351です。

  by aldenhamschool | 2010-09-20 12:51 | 入学案内

Pay tribute: Day-350

英国首相のDavid Cameron氏に悲報。御夫婦でホリデー中だった父親Ian氏が旅先のフランスで急死されました。心より哀悼の意を表したいと存じます。

A statement from the family today said: "This was unexpected and sudden, but he was having a wonderful holiday and was with great friends.

"Above all he was with mum, to whom he was devoted, and he was happy ・ and the end came quickly. We will treasure all the joy he brought us."
c0181238_2304928.jpg

The PM added: "I am extremely grateful to President Sarkozy, who helped me get to the hospital while dad was still with us, so I could say goodbye.

"We would like to thank Nicolas and everyone at the hospital who worked so hard to look after dad."

以上、Day-350です。

  by aldenhamschool | 2010-09-09 23:01 | 英語

First Day: Day-349

c0181238_15541182.jpg

明後日の火曜日から新学年を迎えるAldenahm校。そして、渡英していたS君が入寮されました。
Aldenhamianの仲間となったS君がこれからどんな風に学校に馴染み、友達を作り、英国紳士となられるのでしょうか、成長がとても楽しみです。もちろんそのためのお手伝いを精一杯させていただきます。

S君のご両親のご決断と何より御本人の意欲に心から敬意を表します。Good luck!!

以上、Day-349です。

  by aldenhamschool | 2010-09-05 15:54 | 入学案内

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE