人気ブログランキング |

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

スクールマガジン: Day-326

昨日の郵便で待望のスクールマガジン"Aldenhamian"が到着しました。年間の学校の様子をカラフルに彩るアルバムマガジンです。卒業したての二男にとっては自分が在籍中に掲載される最後のマガジンです。
c0181238_1216128.jpg

校長のMr Fowlerの挨拶はもちろんのこと
c0181238_121657100.jpg

盛り沢山の記事や写真が一杯つまっています。学校全体の写真やハウス毎のページがあり、懐かしい友人が沢山載っています。
c0181238_12174512.jpg

Riding's Houseのページでは、ハウス対抗で優勝したホッケーのチームメートとの写真と、ハウス対抗Musicで3位になった際のアンサンブル演奏の写真があり喜んでいました。
c0181238_12195981.jpg

生憎、ハウス対抗フットボールで決めた逆転ゴールやハウス対抗Musicでのヴァイオリン・ソロなどの写真はなかったようですが、全て載るわけでもありませんよね。

これから留学される皆さんにも毎年送られてきますので、ご家族で楽しみにしていてください。

以上、Day-326です。

  by aldenhamschool | 2010-04-20 12:20 | 学校紹介

クリケット: Day-325

c0181238_1016363.jpg

4月からの学期であるサマータームのメインスポーツはクリケットです。

パブリックスクールには欠かせないスポーツであるクリケット。我がオーデナムでは各学年で3~4チームを編成して学外との対抗戦に出場しますし、選抜チームは毎年バルバドスへの遠征も行っています。 ( ↓ 専用のクリケットパビリオン)
c0181238_20264837.jpg
またクリケットはパブリックスクール入学前のFeeder Schoolと呼ばれるプレップスクールでも盛んですので、毎年"Prep School Cricket Festival"も開催して、有能な生徒のスカウトも行っています。
c0181238_20273662.jpg

日本ではあまり馴染みのないスポーツですが、野球の原型とも言える歴史ある競技です。留学中に是非親しんで頂き、将来欧米人との会話で、"I used to play cricket in England."と言えれば素敵ですね。

以上、Day-315です。

  by aldenhamschool | 2010-04-19 10:14 | スポーツ

軍事研修: Day-324

c0181238_11543992.jpg

パブリックスクールには英国ならではの活動があります。有事の際には国民のために自ら先頭に立って前線で指揮を執る英国エリートのための軍事研修CCF(Combined Cadet Force)です。

長い歴史の中で多くの幹部を輩出し、今も現役将軍が活躍している我が校では特に盛んな活動です。この軍事研修は、永きに渡りパブリックスクールだけに許されてきたものでした。労働党政権が続き、昨年よりようやく、パブリックスクールとの合同である場合に限り、公立校にも参加が許されたという、文字通りエリートのための教育なのです。

昨年我が校は、近くにある公立校であるQueen's Schoolと提携の署名を行いました。
c0181238_12161670.jpg

現在は我が校活動に同行することを条件に公立校生徒にも門戸を開いたわけで、新聞でも報道されたくらいです。

これからヘリコプター操縦士としてアフガニスタンに飛ぶハリー王子もイートン校でこの研修を受けてきました。日本からの留学生ももちろんこの活動に参加できますので、ご興味があればお問い合わせ下さい。

以上、Day-324です。

  by aldenhamschool | 2010-04-18 11:56 | パブリックスクール

サマースクール: Day-323

c0181238_1522617.jpg

そろそろサマースクールのお申し込みも本格化する時期です。もしこの夏休みに英国への短期留学をお考えなら、お早目に私たちジャパンデスクにお問い合わせください。

c0181238_1514886.jpg
英国では沢山の場所でサマースクールが行われています。でも折角の貴重な機会なのですから、いい環境を選びたいものです。

ロンドン中心から僅か30分で、ヒースロー空港からも30分、そして
1597年創立以来同じ場所で教育を続ける英国が誇る正真正銘のパブリックスクールの伝統校。寮や教室、食堂など全ての設備をそのまま利用できるとなれば、もう我がAldenham Schoolしかありません!

スペイン、フランス、イタリア、ドイツ、北欧各国はもちろん、メキシコや中南米、トルコなど多くの友達と楽しく過ごせ、ロンドン市内観光ももちろん含まれています。

詳しくは、こちらをご覧頂き、どうぞお気軽にご連絡下さい。

以上、Day-322です。

  by aldenhamschool | 2010-04-17 15:02 | サマースクール

Back in fashion: Day-322

c0181238_11181735.jpg

 日本のニュースでは、デパートの売上がアップしていると報じられ、「節約疲れ」が指摘されています。同様に大きな変化を伝えているのは今朝のFinancial Timesですが、日本のトーンとは少し違い、"Luxury goods are back in fashion"とまで言い切ります。

 The age of austerity is over, as the well-heeled splash out on Porsches and Dom Pérignon champagne, according to retailers of luxury goods.
 ポルシェやシャンペンの売上が増加しており、富裕層を中心に財布のひもが緩んでいるのは確かなようです。リーマンショックはもう過去のものとなったのでしょう。

 The wealthy are more prepared to open their wallets than at any time in the past two years, suggesting they have put the financial crisis behind them.
 しかしこの贅沢品復権も、「日本を除いて」と言われてしまうと少々悲しいですね。

 All parts of the world, except Japan, and all types of luxury goods would recover in 2010 after last year’s 8 per cent drop in luxury sales, the worst ever for the industry. Within Asia, China particularly would remain the main driver of growth.
 危機を乗り越えてきた消費者は過去の行動パターンとは変わり、賢くなったようです。
 
However, the recession has changed consumer behaviour. “There is a need to justify the premium price. Brand is not enough.”

 ブランドに惑わされることなく、"value for money"を判断して、真に価値のあるものには出費を惜しまないのが本当の姿であるべきなのです。.c0181238_11163626.jpg
 パブリックスクールへの留学も同様に450年を超える歴史と日本では有り得ない環境と国際感覚を身につけると判断できる保護者とお子さんにしか手にするることのできない真の価値なのでしょう。

以上、Day-322です。

  by aldenhamschool | 2010-04-16 11:18 | 英語

留学に何を望むのか?: Day-321

皆さんはお子様の留学に何を期待していらっしゃいますか?
英語力 適応力 経験 生きる力 回答は様々でしょう。

更にその留学の後に何を期待されていらっしゃるのでしょうか?
そして、私達、親はその選択が正しかったと確信出来るのでしょうか?

たとえ何があろうとも、親は自分達の決めたことは正しかったと信じて、子供たちを送り出してやるしか出来ないのではないでしょうか。 
きっとその強い気持ちがお子様達を支え、励みとなり、そしてお子様たちも親御さんも胸を張って、良い年月だったと言い切れる結果を生み出してくれると思います。

留学のご相談をよく受けますが、留学に何を望むのか、そしてその望みを叶える為にはどこへ
いつ、どうやって行くのがベストなのかを親子でよく理解し話し合っておかないと足元がぐらついてしまうようです。

留学という手段を使って親も子も人生を見つめ直す良い機会だと思っていただきたと思います。

以上、Day-321です。

  by aldenhamschool | 2010-04-08 21:20 | パブリックスクール

入学式: Day-320

好天に恵まれた昨日、次男と共に大学の入学式に参列いたしました。
まずは、大学オーケストラが演奏する東京国際フォーラムでの式典です。
c0181238_19111181.jpg

式典の後には、丸の内で勤務する長男も祝福に駆けつけてくれました。これで、二人の息子たちは、小学校から大学まで全く同じ道を歩むこととなりました。7才と2才でロンドンに渡り、通ったPre-Prep、Prep、Public、そして日本の大学まで同じことになるとは、当初は思いもしませんでしたが、これはこれで、彼らにとっても素晴らしいことだと思います。

式典の後は、大学へ移動して学部長主催の父兄懇談会、後援会主催の父兄のための懇親会、教会での歓迎礼拝と、いずれもとても心に残る素晴らしいものでした。
c0181238_1911528.jpg

50年前に大学卒業生たちが植えた桜が、今や東京を代表する並木道に育ったように、二男もこの4年間でまた立派に育ってもらいたいものだと痛感し、桜の綺麗さが目に沁みた一日となりました。

以上、Day-320です。

  by aldenhamschool | 2010-04-02 10:09 | 東京生活

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE