人気ブログランキング |

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

日英協会: Day-255

嬉しい便りが届きました。先日知り合ったイギリス人からのご推薦を頂いて申請していた日英協会への入会が先週の理事会で正式に承認されたとのことです。

社団法人日英協会は、寛仁親王殿下を総裁に戴き、前英国大使の野上義二氏が理事長を務め、明治41年(1908年)以来、様々な企画・イベントを通して日英両国民の親善に貢献しています。

紀尾井ホールでのコンサート会場で偶然お会いしたイギリス人のご夫妻とお話いたしますと、なんとその方は日本を代表するファッション・ブランドの国際部長であられ、ロンドンの我が家にも定期的にシーズンカタログを郵送して下さっていたからか私の名前と住所を覚えて下さっていて、とても驚きました。もちろんお話が弾み、氏からの勧めがあり、このたび日英協会のファミリー会員となることができたわけです。

日々新たな出会いやご縁に恵まれ、感謝しながら、16年ぶりの東京生活を歩んでおります。

以上、Day-255、です。

  by aldenhamschool | 2009-09-27 16:39 | 東京生活

大使館パーティー: Day-254

昨日は忙しい日中を過ごした後で、市谷へ向かい、ルクセンブルグ大使公邸でのパーティーに出席いたしました。

大使ご夫妻とともにチャリティーイベントや楽しい食事の時間を過ごし、アッと言う間に23時になってしまい大使ご家族には随分と甘えてしまいました。ロンドンでは、夫は出張でルクセンブルグには十何回も訪れていますが、残念ながら私は行ったことはありませんでした。でもお隣のベルギーやオランダ、フランス、スイスには何度も行きましたし、大使夫人はインドご出身で、私たちの長いロンドン生活での豊富なインド人脈が役に立ったのか、大使ご夫妻ともお話がはずみ、すっかり時間を忘れました。。

パーティーの後は、近くのバーでクールダウンして、市谷の駅で帰宅の電車を待っていますと、大学教授である知人のイギリス人とホームでバッタリ。お陰で深夜だというのに、お喋りが盛り上がってしまい、これまた楽しい10数分を過ごすことになりました。人のご縁というのは本当にありがたく、不思議なものですね。

以上、Day-254、です。

  by aldenhamschool | 2009-09-26 14:14 | 東京生活

府中の森芸術劇場: Day-253

5連休のスタートとなった先週末に船便が到着。段ボールとの格闘を3日間で終えました。油彩画を飾り、家族写真の位置も決まると、ようやく我が家らしくなりました。気分も明るい今日はコンサートに出かけました。

府中の森芸術劇場どりーむホールは、2,000人収容の立派なホールでちょっとびっくり。日本にはこんな大きなホールがあちこちにあるんですね。オーケストラの苦しい台所事情を聞くにつれ、ホールだけに留まらず楽団への支援をもっと進めてもらいたいとも思ってしまいました。

今日のお目当ては、東京交響楽団。指揮者に広上淳一さん、ソリストに川畠成道さんという人気のお二人を迎えての演奏です。

•シベリウス:カレリア組曲・ヴァイオリン協奏曲
•シューベルト:交響曲第7番「未完成」

川畠さんとは土曜日に食事をご一緒しながら沢山お話したばかりですが、このシベリウスは桐朋学園大学時代にも東京交響楽団で演奏したことがあったとか。素晴らしい演奏でした。
アンコールのイザイ無伴奏曲とともに大いに満足した多くの皆様がサイン会で長蛇の列を成すのを嬉しく眺めておりました。今度彼自身は、10数年を経てどんな思いで弾かれたのかをお聞きしてみようと思います。

以上、Day-248、です。

  by aldenhamschool | 2009-09-22 23:34 | 音楽

紙一重: Day-252

サッカーを生んだ英国のパブリックスクールが集い新シーズンを飾る全英選手権が行われました。まず4チームのリーグを戦い、上位2校が優勝トーナメントに進み、下位2校は敗者復活トーナメント(Plate杯)を争います。今年も全英パブリックスクールの精鋭32校が集い熱戦を繰り広げました。
c0181238_12443172.jpg

オーデナム校は、昨年、優勝・準優勝校と同一グループという死のグループに入り、1勝2敗。しかし敗者復活戦に回って優勝するという大会始まって以来の出来事と話題になりました。今年もタフなグループに入り、リーグでは1-2、0-1、1-2、と全敗。敗者復活トーナメントでは、初戦こそ、名門のCharterhouse(チャーターハウス)を2-1と下しましたが、2回戦では、これまた名門で、去年の全英チャンピオンのSt. Bades Halishamに、0-0からPK戦で6-5と逆転負けに終りました。

素質十分でスキルも体格もある大型チームです。シーズンが進むにつれ実力を発揮してくれることと今後に期待しています。頑張れ、オーデナム!!

以上、Day-252、です。

  by aldenhamschool | 2009-09-20 12:45 | スポーツ

新シーズンの幕開け:Day-251

新学年が始まり、パブリックスクールの伝統ある対抗戦シーズンが昨日の土曜日からスタートしました。

9-12月のクリスマスタームのスクールスポーツはフットボールです。古くは100年余りも続く伝統校同士の対抗戦の初戦は、John Lyon校。言わばローカルダービーの初戦。例年、シーズンを占う試合となります。

去年は堅守で1-0と勝利した我がオーデナム。今年は、例年になく大型チームとなって、平均身長は182cmはあろうかという迫力あるチームに仕上がりました。FWはプロラグビーチームのSaracensにも所属する屈強なプレーヤーと190cm超の大型FWのペア。センターMFは、元Crystal Palaceのユースと、ドイツがワールドカップ優勝時のエースFWの息子で190cmのクレバーな大型選手。左右MFは共に100mを11秒台の俊足ウイング。CBの二人は去年も1stチームでベンチ入りして経験を積んだ190cm近い大型DF。(↓ オレンジゴールドがオーデナム校)
c0181238_11382233.jpg

守備の連携にはまだ課題を残すものの、破壊力ある攻撃で、Awayにも関わらず6-2と快勝してシーズン初戦を飾りました。次の試合は、全英パブリックスクール選手権。去年は、優勝・準優勝チームと同グループに入る不運もあり、敗者復活戦に回っての優勝でした。今年もタフなグループに入りましたが、健闘を祈りましょう。

以上、Day-251、です。

  by aldenhamschool | 2009-09-13 11:39 | スポーツ

アイスランド: Day-250

昨年のインドに続き、今年はアイスランドへ!

オーデナムでは、Year 9と10(14・15才)が毎年海外でのアウトドアー体験ツアーに行きます。今年はアイスランドへと向かいました。
c0181238_15584977.jpg

氷河や谷をトレッキングし、テントで自炊します。もちろん道中には、険しく危険なルートもあり、風雨に見舞われて辛い時も過ごしました。
c0181238_15593353.jpg
c0181238_15595472.jpgしかしそれでも無事にやり遂げた生徒たちは、今までとは一味違う成長した自分に気が付くことでしょう。




オーデナム校教師のMr Pietrekは、次のように生徒たちを称えています。

"I was immensely proud of all of the pupils who were a great credit to the school and hopes they all discovered something new about themselves having participated in this wonderful experience."

皆さんのお子さんもオーデナムに留学して日本では得ることのできない貴重な経験を沢山することができます。このような経験もきっとお子さんにとってとても大切な財産となることは間違いありません。

以上、Day-250、です。

  by aldenhamschool | 2009-09-10 18:51 | 学校紹介

新総理報道: Day-249

民主党の圧勝に終った衆議院総選挙。英国でも大きく取り上げられていましたが、選挙結果の次には、鳩山党首のことよりも夫人が各紙の話題をさらっていました。
c0181238_1624444.jpg
"Japan's new prime minister's wife embarrasses husband with bizarre claim" という見出しは、"The Daily Mail"紙。

"bizarre"と言うのは、英国人の好む表現で、「奇怪な」とか「ちょっと変」と言うネガティブなニュアンスで使います。

「UFOに乗って金星へ行った」などと言った鳩山夫人。

"The Times"紙は、一ひねりして、こう言います。
"Japan’s new Prime Minister, Yukio Hatoyama, faces formidable foreign policy challenges in dealing with an expansionist China, a nuclear armed North Korea and a sinister Russia. But he need have no concerns about establishing friendly relations with the planet Venus — his own wife is a friend of the Venusians, having travelled there in a UFO in the 1970s."

『中国、北朝鮮、ロシアと難しい外交問題を抱える鳩山新首相だが、金星との関係は友好なものが期待できそう。なぜなら、鳩山夫人は1970年代にUFOに乗って金星へ行き、金星人と友人関係にあるから。』

この記事に対するコメントも英国ジョークで溢れていましたが、傑作は、これ ↓ 。

"She claims that she has been to Venus, Gordon Brown claims that he has a mandate from the British people." "Which one is the more delusional?"
『鳩山夫人は金星に行ったと言う。ゴードン・ブラウンは国民の信任を得ていると言う。どちらの方がひどい妄想家なのだろう?』

英国の現首相Gordon Brownに対する世論は厳しく、日本同様に政権交代は必至と思われています。このコメントのような国民の声がそれを証明しているのでしょうか。

以上、Day-249、です。

By Mr Aldenham

  by aldenhamschool | 2009-09-08 16:40 | 英語

好天の東京湾: Day-248

お天気に恵まれた日曜日。遊びに来ている母と散歩に出かけました。

家から近いレインボーブリッジへ行き、徒歩で橋を渡り、お台場へと向かいます。

c0181238_221988.jpg

橋の下にある遊歩道を進みます。とてもお天気は良いのですが、地上50mの道は風があり少し揺れます。母は少々怖がりますので、歩いて渡るのは断念して、しばらく絶景を楽しみます。

c0181238_2233318.jpg

橋を降りて、トコトコ10分程歩くと、芝浦のボート乗り場がありますので、ゆったりと座ってお台場へ。快適な20分の船旅をみんなで楽しむことができました。

c0181238_2275379.jpg

一番小さな孫のためにとガンダムを背景に写真を撮る母。

c0181238_2213554.jpg

まだまだ若く見えるとは言え、16年も日本を離れていた親不孝を償うためにも、このままいつまでも元気でいてほしいと思い、胸が熱くなったひと時でした。

以上、Day-248です。

  by aldenhamschool | 2009-09-07 07:29 | 東京生活

音楽を通じた良き出会い: Day-247

本日は、待ちに待ったヴァイオリンコンサートでした。10年来の大ファンである川畠成道さんが『ソナタシリーズ2009』として紀尾井ホールで見事な演奏を披露されました。

プログラムは、
ヘンデル:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 イ長調 Op.1-3
プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ニ長調 Op. 94bis
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調

( ↓ 2009年5月、英国パブリックスクール・オーデナムでのコンサート風景)
c0181238_16415495.jpg
 
アンコールの3曲を加え、ピアニストの小川典子さんと共に感性豊かで情感溢れる演奏に魅了された沢山の聴衆を目にすると、今までのファンと言う立場から、川畠成道ファミリーの一員として、素晴らしい時をご一緒することができた今回の幸せを痛感しております。このようなご縁と幸運に決して甘えることなく、成道さんが私たちに期待下さっているもの以上の成果を挙げられるよう、一層努力していきたいと存じます。

ホールでは、沢山の新たな良き出会いもございました。ファンクラブや出版・音楽事務所の方々はもちろんのこと、大手電機メーカー、世界的税務監査法人、日本の誇るファッションブランド、日英協会、航空会社、大使館の方々等々沢山のご縁に恵まれました。僅かな時間にも関わらず、不思議に心が通い合い、自然と言葉を交わし、良き関係のスタートに結びつけることができたのは、成道さんの音楽の魅力のお陰であるのは言うまでもございません。

皆様とこれをご縁に今後も末永くお付き合いさせて頂けますように。

追伸 
公私共に非常に忙しくしており、1週間も更新できず大変失礼いたしました。お詫び申し上げます。

以上、Day-247、です。

  by aldenhamschool | 2009-09-05 23:41 | 音楽

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE