<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

Best Friends: Day-203

c0181238_0421844.jpg

お友達がランチタイムに送別会をして下さいました。いつも良くして頂いた上に、お集まり下さり本当にありがとうございます。夕方はオーデナム校を定年された先生をお招きしました。Johnはケンブリッジではラグビー選手。大学を卒業してから、定年まで38年間オーデナム校で歴史を教えて来られました。お父様もオーデナムで5年間教鞭を取られたので、親子で43年間。。412年の我が校の歴史の10%以上に貢献してこられた、まさしくMr Aldenhamです。奥様は別の学校でドイツ語を教えていらっしゃる関係から、留学生には理解があり、日本へも3度行かれています。

長男が最終学年まで歴史を選択していたこともあり、Johnはとても可愛がってくれ、今でも仲良くしてもらっています。とてもクラシック音楽がお好きで、お嬢さんが鈴木メソッドで習われたこともあって、次男がヴァイオリンを弾く度に褒めて下さいました。息子さんはもちろんオーデナム出身、現在は、何と、我が長男と同じグループ会社勤務なのですから、奇遇です。

定年して現在は主にドイツからの留学生を対象にガーディアンをされているのですが、これから日本デスクのために、日本の留学生のお世話もして下さるようになり、私たちの本帰国を前にお越し下さったわけです。
c0181238_8244311.jpg

シャンペンで乾杯しておしゃべりをしていると、「そうだ、一緒に本を出版しよう」というような威勢のいい話で盛り上がっています。もう本の名前も決めたのだとか。さてさて、似たもの同士の酔っ払いたちが実際に行動に移すのか、大いに疑問です・・。

以上、Day-203です。

  by aldenhamschool | 2009-06-30 16:12 | 日本デスク開設

Spelling Champion: Day-202

c0181238_2264786.jpg

土曜日のVisitation Dayのガーデンパーティーで再会したSt. Marti's School校長夫妻Mr & Mrs David Tidmarsh。息子たちが11年間も過ごしたプレップスクールで、毎年オーデナム校へ生徒を送り出す関係にありますし、DavidはオーデナムのGovernorでもありますのでお会いする度に話が盛り上がります。

そのSt.Martin'sは、先日"The Times"紙が行った「全英12才スペリング大会」で見事優勝したと報告してくれました。780校も参加した大会で勝ち抜いてチャンピオンになったというのは見事で、とても嬉しく、母校の益々の発展を祈ってやみません。

大会の様子は、ビデオでどうぞ→"The Times"

こんなに優秀で堂々とした生徒たちが12才とは。。これから彼らもパブリックスクール(是非、オーデナムへ!)に進んで英国を背負う人間へと成長していくのでしょうね。

以上、Day-202です。

  by aldenhamschool | 2009-06-29 22:16 | プレップスクール

Evening Recital: Day-202

今日、日曜日は、朝から引越しの荷造りに追われていました。ロンドン生活も残すところ2週間もありません。その割には、どんどん荷物整理が進み、こんなにすっきりしているのは、素晴らしいと自我自賛しそうになりますが、油断は禁物。これからもラストスパートで見事にやり遂げたいと思います。

昨日は、卒業式の後、ロンドンへ出て、先月出来たばかりのドコモショップへ。「帰国サービス」とかで、携帯の申し込みを済ませてきました。帰国してすぐは慌しいので、事前に手続きを終えられ、ホッとしました。何と言っても、帰国前に番号がわかり、成田で携帯を受け取り、その場ですぐに使えるというのですから、大助かりです。

そのあと、Oxford Streetに近いリサイタルホールで、ロンドンで活躍するオペラ歌手・榎本明子さんのレクチャーコンサートに行きました。ピアノとクラリネットに榎本さんのメゾソプラノが素晴らしく、30名ばかりの規模も心地よく、とても良いひと時を過ごさせて頂きました。普段は弦楽器が多く、ボイスリサイタルの機会はあまりありませんので、良い刺激を頂戴いたしました。榎本明子さん、ありがとうございました。

以上、Day-202です。

  by aldenhamschool | 2009-06-28 23:59 | 倫敦生活

Visitation Day-2: Day-201

c0181238_16393276.jpg

まず朝9:30からはチャペルにて卒業礼拝です。牧師や校長からのお話の根底にあるのは、今日卒業できることに感謝するのはもちろん、今日まで素晴らしい環境で勉強や様々な経験をすることができた恵まれた自分の境遇への感謝です。

保護者はもちろんのこと、学校関係者、とりわけ創設者のRichard Plattをはじめ、1597年に勅命を下さったエリザベス女王一世や、この地で412年間も歴史を築いて下さった先人たちへの感謝です。

校長のお話の中には、その偉大な先人のお名前を延々と読み上げ、皆で感謝する場面がありました。そして牧師のお話には、名前が挙がることはなかったけれども、卒業生一人一人がそれぞれの立場で歴史を積み上げてくださったのだ、という下りがありました。そうした先輩への感謝を込めて、また名前を知ることのなかったこのオーデナムの隣人に感謝すべく、「さぁ、皆さん、このチャペルにいる周囲の方々と握手してお互いに感謝しましょう」という合図とともに、みんなが笑顔で握手し合ったのは、素晴らしい一瞬でした。

つまるところ、この"Visitation"と言うのは、キリスト教で言うところの「エルサレム訪問」という意味と同時に、「過去・現在・未来が交わるところ」つまり「過去への感謝を忘れずに、今を見つめ、次への一歩を踏み出す姿勢」を現すものと理解でき、その数百年の歴史に育まれてきた言葉の深い意味に感心しました。

スポーツやドラマなど盛り沢山の一日です。
c0181238_16395559.jpg


チャペルのステンドガラスも一層美しく感じます。
c0181238_16272043.jpg


礼拝の後は、校長宅のガーデンでのドリンクサービスがあり、沢山の方との楽しい時間を過ごしました。

その後、フィールドでは、現役とOBのクリケットの試合がありました。
c0181238_16275083.jpg


各ハウス専用のテントが出ましたが、我がライディングスだけは、ノボリを用意して、一際目立っていました。もちろんテントでは、ハウス付きの先生たちが、イチゴやサンドウィッチ、各種飲み物などを生徒や保護者にサーブしてくれます。そしてダイニングホールから一名がハウス専属で食べ物の補充や食器の片付けなどをしてくれます。これらのオーガナイズが実にスムースで嫌味がなく行われますし、そのサーブを実にさりげなくスマートに受け取る生徒の立ち振る舞いがミックスしていて、パブリックスクールの永い伝統がこんなところにも生きているのだと思い知らされます。
c0181238_16281373.jpg


途中、ライディングスハウスを見学へ。
c0181238_16283796.jpg


(ハウス対抗ホッケーで優勝したライディングスチーム ↓)
c0181238_1629473.jpg

ハウス専用のラウンジには、メンバーの写真がところ狭しと張ってあり、一体感を際立たせていました。今まで見たことのなかった次男の写真をいくつも発見して、こんなにも充実した表情で仲間と過ごした学校生活を、息子たちは忘れるどころか、きっと生涯の支えとして生きてくれるものと確信して、親としての達成感に浸ってしまいました。

これで、息子二人延べ10年間のパブリックスクール生活を終えます。応援して支えて下さった沢山の方に感謝し、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

以上、Day-201です。

  by aldenhamschool | 2009-06-27 23:59 | 学校紹介

Visitation Day: Day-200

c0181238_2161660.jpg

明日土曜日は"Visitation Day"と呼ばれる「卒業式」です。まずチャペルで礼拝サービスを受けます。ホールに場所を移してからは、各種表彰などを行い、最上級生の卒業を祝います。
c0181238_21131644.jpg

式が終わった後は、各自思い思いにピクニックを楽しみ、シニアは、ハウス対抗の"Tag of War"(綱引き)の決勝戦があります。ジュニアは、ハウス対抗の6人制のフットボール大会で、次男はレフェリーを引き受けているそう。フィールドでは、卒業生選抜対現役代表チームとのクリケットも行われ、盛り沢山です。このところお天気に恵まれているので、きっと青空の元でよい一日となることでしょう。
c0181238_22551761.jpg

このブログも丁度200回目。次男の明日の卒業式を報告する記念すべき200回目となり、感慨を深くしています。

皆様、良い週末をお過ごし下さいませ。

以上、Day-200です。

  by aldenhamschool | 2009-06-26 21:09 | 学校紹介

Cricket Festival: Day-199

クリケットシーズン真っ盛りの春。先日行われたのは、プレップスクールを招待しての、Cricket Festivalです。オーデナムに毎年生徒を送り込む、プレップスクール(いわゆるFeeder School)から12才の子供たちが集まって元気にプレーしました。
c0181238_1273886.jpg

オーデナムを知ってもらう、スポーツ版のオープンキャンパスとも言えますが、ライバル関係にあるプレップの代表チームが集まっての大会だけに、子どもたちは真剣そのもの。

我が校の持つ広大なフィールドは110エーカーで、サッカー場に換算すると110面分。プレップにはないゆったりとした敷地でみんなのびのびとプレーしていました。
c0181238_1271635.jpg

この生徒の中で何人かは来年オーデナムに進んでくれるでしょうし、その中には、スポーツスカラーシップにチャレンジするケースもあるでしょう。良い選手に入学してほしい我が校のスポーツ担当教諭もまた真剣にプレーを見つめた一日でした。

以上、Day-199です。

  by aldenhamschool | 2009-06-25 23:59 | プレップスクール

サマースクール-5: Day-198

今年のサマースクールは好評のうちにお申し込みを締め切りました。また来年のお申し込みをお待ちしております。
c0181238_19291871.jpg

期間は以下の通りで、また来年ご紹介しますのでどうぞお楽しみに。
―7月26日(日)から8月2日(日)までの7泊8日
―8月2日(日)から8月9日(日)までの7日泊8日
―7月26日(日)から8月9日(日)までの14日泊15日
c0181238_1925167.jpg

今年の参加者は、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、トルコ、スロベニア、ロシアなどです。
料金は、7日間のオーデナム校の寮滞在コースで、£650(約10.5万円)程度から。
注:滞在費・食費・レッスン・アクティビティーなどは含みますが、航空運賃、現地交通費、オプショナルツアー、保険などは含まれませんので、詳細はご相談下さい。
c0181238_19334171.jpg

我がオーデナム校はロンドン中心から僅か30分に位置し、1597年創立の由緒あるパブリックスクールです。毎年、欧州各国や中南米からの申し込みが殺到しており、過去日本からの参加は殆どありません。
c0181238_19213214.jpg

来年のコースにご興味ある方はお問い合わせ下さい。

以上、Day-198です。

  by aldenhamschool | 2009-06-24 23:59 | サマースクール

Prep Drama: Day-197

c0181238_2217534.jpgプレップスクールは8才から11才までの4学年ですが、そのプレップによるドラマ発表会が行われました。
c0181238_22162387.jpg







昨年完成した最新鋭のシアターで実に表情豊かに繰り広げられたドラマには大感激。拍手が鳴り止まないほどでした。
c0181238_22173533.jpgc0181238_2218230.jpg






音楽、スポーツ、ドラマ、ディベート、ダンスなど様々な機会を利用して人前で自己表現することで、立派な大人へと成長していくのでしょうね。

以上、Day-197です。

  by aldenhamschool | 2009-06-23 22:19 | プレップスクール

Gang of 3: Day-196

c0181238_17342071.jpg

映画の制作をしている我が校の最上級生3人が資金集めのために打ち出した奇策とは、£1以上の資金提供者の名前全てを映画の最後のテロップに載せる、というもので、新聞やTVの取材が相次いでいます。
c0181238_1744205.jpg

沢山の方から賛同を得て、チャールズ皇太子を始め、著名な方からも驚くほど寄付が集まっています。このブログを読んだ日本の方(将来の入学生!)からも寄付を頂き御礼申し上げます。その詳細は、こちら

先日は、イギリスの著名な俳優、TVタレントであるStephen Fry氏からも資金提供が寄せられました。

Fry氏は、ハムステッド生まれで、パブリックスクールを退学処分になったり、刑務所入りした経験がありながら、猛勉強してケンブリッジ大学をトップで卒業した経歴を持つ異色俳優。個人的には、去年放映されたBBC番組"Stephen Fry in America"で愛車・ロンドンタクシーに乗ってアメリカ横断した旅行記が印象に残っています。Fry氏からは、無償出演の申し出までありました。

皆さんも、もし、この話題の映画にお名前を記録に残したい方は、こちらまで、どうぞ。

以上、Day-196です。

  by aldenhamschool | 2009-06-22 17:34 | 学校紹介

Transparency: Day-195

国会議員の経費過剰請求スキャンダルに揺れる英国。選挙区から離れてロンドンに家を持つことで生じる住宅ローン金利が経費とされてきたことに端を発して、不適切な請求が次々にスクープされて、閣僚の辞任が相次ぎ、政権を揺るがす事態となっています。

そこへ保守党のデイビッドキャメロン党首も経費請求ミスを修正して自主返還した事実が明らかに。これはほんの僅かな金額でしたが、襟を正すべく、自らのメルマガで、こう述べています。

David Cameron has announced a radical new process to make Shadow Cabinet expense claims more open, saying "transparency is the key factor in restoring trust to our political system".
c0181238_2140840.jpg
  (c) Conservative Party

政権党の労働党が公表し始めた経費領収書などは、黒く塗りつぶされたものばかりでよくわかりません。"transparency"と言うのは簡単ですが、なかなか難しいのも事実。そこで、キャメロン氏は、請求書のレターなどもWEBで公表することに踏み切りました。

The proposals include: publishing all significant unredacted correspondence and receipts in relation to those expense claims, from today.

そして、最初に公表したのが、"Oxford Times"紙からの購読更新確認のレターや携帯電話など。僅かな金額ですが、そこまでやらなければならないほど、このスキャンダルの根は深いと言うべきでしょうか。どこかの政治家にもある意味見習ってほしいかも。

以上、Day-195です。

  by aldenhamschool | 2009-06-21 07:01 | 英語

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE