<   2009年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

Dance: Day-148

我がオーデナム校ではとてもバラエティーに富んだカリキュラムがあります。その中の一つがダンス。学校では地域の子供たちにダンスを教える教室もあり、ウエストエンドミュージカルの舞台で活躍する講師をも招き、とても人気があります。毎週木曜日の午後にアクティビティーのレッスンが2時間あり、ダンスの時間です。
c0181238_221453100.jpg

学校でのレッスンだけでなく、最新鋭の舞台を使い、発表会を開いていて、いつも完売御礼の状態です。昨晩もその一つ。次男の親友も出演しており、みんなで見に行きましたが、案の定次男はその後、慰労会を兼ねたバースデーパーティーへ直行して、そのまま友人宅で泊まって、朝学校に行きました(多分・・)。
c0181238_2215228.jpg

次回は、5月15日にもありますので、すでにチケットを購入して、楽しみにしています。色々な機会を通して、好きなもの、得意なものを学び、それをどんどん発表することができる、というのも、本番に強いイギリス人を育てている秘訣なのでしょうね。

以上、Day-148です。

  by aldenhamschool | 2009-04-30 22:15 | 学校紹介

現役起業家たち: Day-147

New York Times(ヘラルドトリビューン)紙(4月20日)に大きな写真と共に取り上げられて世界中で話題になっている我がオーデナム校の18才の3人がいます。

3人は、最終学年の今年、映画制作プロジェクトを進めており、そのコスト100万ポンド(1.5億円)をどうやって集めるかに頭を悩ませていました。そして考え付いたのが、映画の最後に協力者として出資者を紹介するというもので、そのために、一口1ポンド(150円)単位で出資を募りました。

その結果、すでに、目標の10分の1である、10万ポンド以上(1,500万円)以上が集まった、というのです。これは全く新しい手法として注目され、イギリスの大手新聞Guardian紙でも紹介されました。

生徒の様々なアイデアや才能を活かす気風が我が校には長く生きています。我が校出身者に起業家が多いのもそのせいでしょうね。もしご興味あれば、是非、一口いかがですか?映画に自分の名前が出る→こちらから。

以上、Day-147です。

  by aldenhamschool | 2009-04-29 21:53 | 学校紹介

Apologies:Day-146

c0181238_6304230.jpg
本日英国保守党の党首、David Cameron氏からメールがありました。

Dear

Thank you for your email and your kind invitation to attend Mr Kawabata's concert on 14th May, at Wigmore Hall.

I appreciated this invitation however, owing to other commitments that evening, we are unable to attend the concert. I must therefore send our apologies.

Thank you for your understanding.

David Cameron

5月14日に行われる川畠成道さんのコンサートに出席予定だったDavid/Samanthaご夫妻ですが、残念ながら、欠席となってしまいました。キャメロン氏とは、2年前に夫と共にWestminster内で会って以来の仲。また彼はパブリックスクールのEton校卒業生で、我がAldenham(オーデナム)校とは色々な対抗戦が100年も続く仲。コンサートに来てくれるのを楽しみにしていました。ただ、超多忙な党首という立場ですし、"apologies"とまで言われちゃったら、仕方ないですよね。次の機会を待ちましょう。

以上、Day-146です。

  by aldenhamschool | 2009-04-28 23:59 | 英語

祝・昇格:Day-145

パブリックスクールのOBが構成するフットボールリーグもいよいよ大詰めを向かえました。土曜日には、我がオーデナムは最終日となり、ライバルのシュルーズベリー校OBと対戦しました。
c0181238_095915.jpg

左SBで先発した次男は、逆転の2点目をアシストするクロスを入れるなど活躍。何とアウェーにも関わらず、8-1で大勝しました。この結果、2位で2部リーグを終了し、遂に来年は1部リーグに昇格決定。1部リーグに上がるのは、25年振りの悲願だったので喜びを爆発させていました。

日本に帰国する次男にとっては、この試合が最後となり、先輩ばかりのチームメートから手荒い感謝攻めでしたが、良い思い出となったことと思います。日本の大学に進んでもたまにはロンドンに遊びに来てプレーするそうです。。

以上、Day-145です。

  by aldenhamschool | 2009-04-27 23:47 | スポーツ

Marathon Day:Day-144

今日はロンドンマラソンの日。一日中ラジオやTVでレースの模様が報道される日です。丁度用事もあったので、ゴール地点のバッキンガム宮殿の辺りに行きました。300万人以上と言われる沿道の応援は世界一と評判で、ロンドン中が興奮の渦でした。
c0181238_483594.jpg

夫は1995年から1999年までロンドンマラソンを5回連続完走したのですが、すでに10年前。この盛り上がりを目の当たりにして、また走りたくなったそうですが、どうでしょうか。。。
c0181238_475531.jpg
今年の大会は北京五輪のメダリストも沢山出場しましたし、応援するマーラ山内選手は2位、佐藤敦之選手も2時間9分台で8位入賞して、とても嬉しい結果となりました。

そんな一流選手はもちろん、一般ランナーの見事な走りっぷりを拝見して、刺激を受けた一日となりました。

以上、Day-144です。

  by aldenhamschool | 2009-04-26 23:59 | 倫敦生活

サマースクール-4: Day-143

サマースクールに参加をご希望の方はお急ぎ下さい。以下のようなコースが可能ですが、残席はほんの僅かです。

1. お子様のみの参加: 対象年齢10歳から18歳
c0181238_19291871.jpg

2. 親子での参加: 
―a) 1週間の場合: お子様はオーデナム校の寮、保護者の方はホームステイ+英語学校。
―b) 2週間の場合: お子様はオーデナム校の寮、保護者の方はホームステイ+英語学校。
―c) 2週間の場合: お子様はオーデナム校の寮とホームステイ+英語学校で、保護者の方はホームステイ+英語学校。
―d) 2週間の場合: お子様はオーデナム校の寮とホームステイ+英語学校で、保護者の方はホームステイ+英語学校。
c0181238_1924117.jpg

3. 期間
―7月26日(日)から8月2日(日)までの7泊8日
―8月2日(日)から8月9日(日)までの7日泊8日
―7月26日(日)から8月9日(日)までの14日泊15日
c0181238_1925167.jpg

4. 他の参加者状況
フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、トルコ、スロベニアなど。
5. 料金
お子様のみ7日間のオーデナム校の寮滞在コースで、£650(約8.8万円)程度から。
注:滞在費・食費・レッスン・アクティビティーなどは含みますが、航空運賃、現地交通費、オプショナルツアー、保険などは含まれませんので、詳細はご相談下さい。
c0181238_19334171.jpg

我がオーデナム校はロンドン中心から僅か30分に位置し、1597年創立の由緒あるパブリックスクールです。毎年、欧州各国や中南米からの申し込みが殺到しており、過去日本からの参加は殆どありません。
c0181238_19213214.jpg

日本デスク設立を記念して、僅かですが枠を確保してありますが、もうWaiting List目前です。ご興味ある方は今すぐお問い合わせ下さい。

以上、Day-143、です。

  by aldenhamschool | 2009-04-25 23:59 | サマースクール

Seville Link: Day-142

今月、スペインから我が校にお客様が来られました。13才から16才までの生徒17名がイギリスのパブリックスクールでの寮生活を体験したのです。
c0181238_184520.jpg

子供たちは初めての寮生活に驚き感激したようで、「ロンドン塔やロンドンアイと同じくらい楽しかった」と表現したそうです。かわいいですね。

これは、昨年の卒業生が大学でスペイン語と英語を専攻していることから生まれたご縁だそうで、これからも定期的な交流ができたり、正式に留学してくる生徒がいると素晴らしいです。
c0181238_1104993.jpg

日本デスクでも、個人と学校の両方から、我が校へのご興味を頂いていますので、スペインにならって皆さんの素晴らしい経験のお手伝いをしたいと思います。

以上、Day-142です。

  by aldenhamschool | 2009-04-24 23:59 | 学校紹介

ソロ・コンテスト: Day-141

新学期が始まって2日目の今日は、音楽のソロ・コンテスト。いつもなら5月末に行われますが、今年は5月に音楽行事が目白押しのため、異例の時期となりました。
c0181238_6424345.jpg


11才から18才が、4つのレベルに分かれて競います。

Preliminary: イギリスの音楽グレードの1か2をパスしている生徒
Intermediate: 3・4
Higher: 5・6
Advanced: 7・8+


生徒なりのレベルで、全力でピアノ、ヴァイオリン、サックス、クラリネット、声楽、ホルン、ギターなどを演奏。緊張感はありながらも、とても楽しい夜となりました。


場所は、Music Departmentにあるリサイタルホール。100人近くの生徒・保護者で熱気がムンムン。
c0181238_6442713.jpg


Adjudicator(審査員)は、イギリスではメニューイン音楽院と並ぶ二大音楽学校であり、我が校から10分余りに位置するパーセル音楽院の先生。丁寧に一人一人にコメント下さり、音楽性を非常に大切にした審査結果にとても好感が持てました。

次男は、Advanced部門で、他の音楽スカラーシップを中心に10人と演奏しました。結果、優勝はモーツアルトのコンチェルトを見事に演奏したクラリネットの17才男子でした。次男は惜しくも2位でしたが、春休みを日本で忙しく過ごして練習不足だったにも関わらず、暗譜で音も外さずにヴェニアフスキーのレジェンドを弾いてくれました。審査員からも「聴衆を引き込む才能に長けた演奏」と褒めて頂きました。

次回は、5月に川畠成道さんが来校してのプライベートリサイタルの際、マスタークラスをして下さいますので、その時に弾くはずです。もう少しきめ細かい演奏ができるよう更に練習です。

以上、Day-141です。

  by aldenhamschool | 2009-04-23 23:59 | 学校紹介

新学期開始: Day-140

今日は、新学期のスタートです。3週間のイースターホリデーを過ごした後の初日の今日は、とても良い天気となりました。
c0181238_112562.jpg

留学生や寮生は、昨日の夕方には寮に戻って今日に備え、また楽しい寮生活が始まりました。明日はもう音楽のソロのコンテストがありますし、これからまた忙しい学校生活です。
c0181238_1124033.jpg

以上、Day-140です。

  by aldenhamschool | 2009-04-22 23:59 | 学校紹介

クロスカントリー: Day-139

数あるスポーツ行事の中でも、クロスカントリーは特別です。ジュニアとシニアの部に分かれ、それぞれの属するハウスカラーのシャツを着て、全員が走り出す様は圧巻です。
c0181238_1536263.jpg

学校の敷地は、110エーカー、つまり、プロサッカー場の110面分もあるわけですから、その周りを走ると結構な距離になりますし、アップダウンもありタフなコースです。

残念ながら次男のRiding's Houseは優勝できず、2位だったようです。それでも、箱根駅伝の予選会のように、早くゴールした生徒たちは最後まで必死に後続のハウスメンバーを応援して盛り上がり、ハウスの団結は更に強まったようです。
c0181238_15351640.jpg
年齢、性別やレベルの差は関係なく、ハウス全員が同時に一つの目標に向かうというのは、先輩・後輩の関係の厳しい日本にはない、「誰にもフェアに」というパブリックスクールの精神が浸透していて、本当に素晴らしいことですね。

以上、Day-139です。

  by aldenhamschool | 2009-04-21 23:58 | 学校紹介

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE