人気ブログランキング |

<   2009年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

サイト・リンク: Day-59

本日学校のサイトとのリンクができました。
シニアスクールの入学案内(海外留学生)のページに、リンク先として、"Aldenham Japan Office"が紹介されるようになりました。
スクール・サイトから当ブログにリンクされていますので是非一度ご覧下さい。


1月末までに、専用メールアドレス"JapanDesk@aldenham.com"の設定と、スクールサイトと当ブログのリンクが無事に完了して安心しました。皆様もこれらをどうぞ活用下さい。

良い週末をお過ごし下さいますよう。

以上、Day-59、です。

  by aldenhamschool | 2009-01-31 07:05 | 学校紹介

ボーダー: Day-58

寮生(Boarder:ボーダー)が生活する寮の設備はとても充実しています。寮(ハウス)は全て伝統的な建物の中にあり、1597年からこの地で学ぶ歴史を感じることができます。
c0181238_23475799.jpg

部屋からは学校が見渡せたり、他のハウスが見えていつでも一体感があります。
c0181238_23534344.jpg

もちろん清潔で最新の設備が整っています。例えばスヌーカーや卓球などの部屋もあります。
c0181238_23544687.jpg

また寮生がリラックスできるラウンジもあり、先生(ハウスマスター・ハウスチューター)たちも混じって語らう場面もよくあります。
c0181238_23572366.jpg

大切な部屋は清潔で機能的なデザインで、とても暮らしやすいと好評です。
c0181238_18304318.jpg
c0181238_23582037.jpg

食事は充実していて、メインとデザートは毎日日替わりの2~3種類の中から選べますし、サラダ、フルーツ、パン、ジュースなどは自由です。
c0181238_18295788.jpg

私も何度か寮に行って、一緒に食事しましたが、とても美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまう程でした。是非機会を見つけて、一緒に食事しませんか。

皆さんも、どうぞ実際にお越しになり、見学してみて下さい。きっと子供達が羨ましく思うはずですよ。

以上、Day-58、です。

  by aldenhamschool | 2009-01-30 18:31 | 学校紹介

スポーツスカラーシップ: Day-57

先週行われた11+(満11歳)入学でのスカラーシップ試験の続報です。音楽では3人がメインスカラーシップ(授業料20%の奨学金)を得ましたが、スポーツでも同じです。スポーツの場合には、フットボール、ホッケーかクリケットのメインスポーツで地域代表やプロのアカデミーなどでの実績が求められます。またもう一つサブのスポーツでも最低プレップスクールの代表レベルが必要です。
c0181238_2129426.jpg

日本からの留学生の場合には、ホッケーやクリケットは経験ない場合が多いでしょうから、フットボールで活躍してきた実績があり、また、他のスポーツ、例えば空手や柔道、バスケットボール、などでの経験があればベターだと思います。
c0181238_2126413.jpg

わが校には一年を通して天然芝のフットボールピッチが大小合わせて12面あり、コーチは元プレミアリーグのGKです。対戦相手もイートン、チャーターハウス、ウィンチェスター、ウエストミンスター、ハイゲイトなど伝統校ばかり。全イングランド選手権では、ニューカッスル、ミルフィールド、マンチェスター、ブラックバーンなどイングランド全域の学校とも対戦して優勝もしています。
またフットボールはスペインへ、クリケットはバルバドスへの遠征ツアーも行われています。↓ 全イングランドパブリックスクール選手権、2-2からPK戦を4-3で制し、3回戦進出。
c0181238_21274980.jpg

日本からも本場イングランドで是非チャレンジしてみて下さい。

以上、Day-57、です。

  by aldenhamschool | 2009-01-29 21:01 | スポーツ

英国自動車産業: Day-56

昨日のニュースで、英国の自動車メーカーに対する支援策が発表になりました。"The Times", "BBC" & "The Guardian"から英語を学ばせてもらいました。

"A £2.3 billion rescue for Britain’s carmakers was justified by Lord Mandelson last night as paving the way for the “reinvention” of a greener motor industry."
約3千億円もの税金が使われます。「エコカー開発資金のための援助」と呼べばもっともらしいですが、入る財布は一つですので、モノも言いようです。
c0181238_1473562.jpg

"UK car and truck production fell 49% in December, the largest fall since August 1979."
12月の新車生産は前年同月比で半減。これは1979年以来の出来事ですから、メーカーの苦境は当然と言えます。
英国では、トヨタ、日産、ホンダの3社が生産拠点を持ち、減産やリストラによる英国社会への影響は小さくありません。すでにホンダは3ヶ月の生産休止を発表していますが、自主退社する社員は除き、基本的に雇用は維持するそうですから立派です。しかし昨日日産は30%の従業員削減を発表しました。日産は北部のサンダーランド市にあり、最大雇用企業ですから、地域での影響は深刻です。すでに工場内に"Job Centre" (職安)の支所ができていますから、社員の動揺もピークに達しているようです。

"Mandelson said the industry was "not a lame duck"; this was "no bail-out".
この政策は、別に自動車産業が「死に体」だからでもなく、緊急支援策でもない、と言い張ります。しかし結果として、自動車産業が血税を受け入れることになれば、他の産業も黙ってはいられません。
c0181238_1465476.jpg

"Mandelson said that further, similar, aid would apply only to strategic industries or firms with a substantial employment and regional impact."
英国の自動車産業は全体で80万人を雇用しています。この業界での影響をどう軽減するかもはや政治問題となっていますので、援助は当然だと主張します。逆に言えば、政権への危機をもたらす程のインパクトがない産業を支援する気はない、とでも言いたいようです。

この発表を聞いて、他の産業だけでなく、自動車ディーラーからも、大きな落胆の声が上がります。
"Bettermann said the package was well-intentioned, but fails to help consumers and independent dealers."
いくら支援策が発表されようと、新車が売れないことにはどうしようもありません。
c0181238_1481799.jpg

"The industry relies on credit to complete customer purchases. Without access to that credit, carmakers will continue to scale back production and cut jobs."
銀行の貸し渋りは個人のクレジットカードやローンにも及び、買いたくても買えない人だらけ。
"The message is well done - but there is much more to do."
つまりは、BBCの人気記者、Robert Pestonのこの一言に尽きるのかも知れません。
"I have to say that bankers are rather less optimistic about what the politicians can achieve than the politicians themselves."
どこの国でも同じでしょうが、政治家の論じる政策が国民社会にどこまで素早く浸透して効果を上げるか、誰も楽観はしていないようです。。

* By Mr Aldenhamschool

以上、Day-56、です。

  by aldenhamschool | 2009-01-28 23:59 | 英語

スカラーシップ速報: Day-55

先週行われた11+(満11歳)入学でのスカラーシップ試験。オーケストラのリーダーでもある次男が聞いたところによると、10名がミュージックスカラーを目指してオーディションに臨み、3名がフル・スカラーとしてパスしたそうです。今年は、ヴァイオリンやチェロでの合格者はなく、クラリネット、トランペットとフレンチホーンだったとか。個人的にはストリングスがいないのは、少し寂しいです。
c0181238_1105942.jpg

20%の奨学金を得られるフル・スカラーに次いで、数名のExhibition(エキシビション)と呼ばれる5%の奨学生も選ばれています。スカラーシップの受験資格は、イギリスの音楽資格試験である"Associated Board"で、グレード5以上(8が最高)が求められます。パブリックスクールが音楽の伝統を維持していけるのはこういう若い生徒達の卒業までの頑張りのお陰です。
c0181238_12424.jpg

日本から留学される場合には、この資格はお持ちではないので、どういった曲を弾かれているかヒアリングした上で、当校でオーディションに臨むか、ビデオを拝見して審査することも可能です。近年オーデナムでは多くの日本人ヴァイオリニストが活躍しています。どうぞチャレンジしてみて下さい!

以上、Day-55、です。

  by aldenhamschool | 2009-01-27 23:59 | 音楽

ドラマ: Day-54

パブリックスクールのカリキュラムはバラエティーに富んでいますが、中でもオーデナムスクールのドラマは伝統的にレベルが高くとても人気があります。
c0181238_1194044.jpg

昨年改装して最新の設備を誇るスクール・シアターでの公演は、年代別も含めて、年に数回行われます。年に一回のフルキャストでの舞台では、もちろんスクールオーケストラによる生演奏で、迫力があり見応え充分です。
c0181238_1201541.jpg

最近では、"Oliver!"が圧巻でした。ソロはもちろん踊りや台詞も見事で、オーケストラとの息も合い、3日間の予定がすぐに売り切れてしまって、1日追加公演したほどの人気でした。ヴァイオリンを弾いていた次男はヘトヘトになりながらも、「とても楽しめた。またOliver!をやりたい」と言うほどで、さすがスクールミュージカルの一番人気作品と実感しました。

"Oliver!"と言えば、"Mr Bean"のRowan Atkinsonが、現在ウエストエンドで、主役として舞台に立っています。
c0181238_1102610.jpg

独特の表情はもちろんですが、歌も意外にレベルが高いのにはびっくり。彼はオックスフォード卒業ですが、やはり役者としてしっかりと訓練されているからなのでしょう、さすがです。今一番チケットの取りにくいミュージカルの一つとなった"オリバー!"-- その劇場は"The Theatre Royal Drury Lane"。1663年に出来たロンドン最古の劇場で、今でもウエストエンド界を牽引する劇場と言えるでしょう。
c0181238_1275020.jpg
以前は"Miss Saigon"を永くやっており、"レ・ミゼラブル"に抜かれるまでは世界で一番のロングランでした。悲しいストーリーのミスサイゴンから一転して、今回の"オリバー!"へと雰囲気も変わり、今から劇場に観に行く予定の3月が楽しみです。オリバーの映像と歌声は、こちら、でどうぞ。

以上、Day-54、です。

  by aldenhamschool | 2009-01-26 23:59 | 学校紹介

雨のナイツブリッジ: Day-53

今日の日曜日は生憎一日中湿ったお天気。こういう日には街へ行ってたまっている買い物を済ませてしまうのが一番。人込み嫌いですので、都合良く昨日でセールが終ったハロッズなら買い物もしやすいかと思い、夫とドライブです。

まずはお気に入りのブロンプトン・クウォーター・カフェにて美味しいランチで暫しおしゃべりしてからハロッズへ。それにしてもハロッズのディスプレーは見るだけでとても楽しく、いつも感心させられます。( ↓ 反射してしまって失敗です・・)
c0181238_575538.jpg

ハロッズの資生堂スタッフは多国籍のみの構成で、今日の担当は勤続20年のフィリピン人マネージャー。「ホリデーはどこに行く」とか「フィリピンにいる母親が心配なので来月会いに行く」、「息子達の教育は」などと、買い物よりも三人でおしゃべりばかりしていた感じでした。こんな調子だからあちこちでひっかかってしまい、時間が過ぎるのはあっという間。ようやく色々と用事を済ませたと思ったら、最後に、夫がラデュレへと向かいます。
c0181238_4564591.jpg

パリに出張すると必ずと言ってよいほどお土産にする好物マカロン。最近パリ行きがご無沙汰だったからか、すっかりご機嫌になって、ようやく家路に着きました。
c0181238_458670.jpg

何時間もナイツブリッジにいた今日は、公園で散歩するよりもずっと運動になったかも知れません。

以上、Day-53、です。

  by aldenhamschool | 2009-01-25 23:59 | 倫敦生活

ハムステッド・ヒース: Day-52

平日には自宅近くを散歩しますが、土曜の今日は、ちょっと足を延ばして、お気に入りの自然公園Hampsted Heath (ハムステッドヒース)へ。
c0181238_3272916.jpg

1000年以上の歴史を持つこのヒースはロンドンで最高地点に位置しますので、パーラメント・ヒルと呼ばれる見晴台からは遠くセントポールやシティまでも見渡すことができます。ここからの遠望は法律で保護されていますから、ずっと市民の憩の場となっているのですね。

ロンドン一広い公園を散歩していると、ジョギングしている人が沢山いて驚きます。しかも皆が細くフィットしていて、よく走りこんでいる様子が伺えます。自分ももっとフィットしなきゃ、と反省するのもそっちのけで、彼女なら10kmを40分切れるだろうな、とか、彼はロンドンマラソンで毎回サブ3じゃないのかな、などと勝手に評価しながら見てるのも結構楽しかったりします。
c0181238_331938.jpg

ゆったりと凧で遊んでいる家族がいたり、のんびりベンチに座り語り合う人がいたり、皆が思い思いに楽しんでいます。
c0181238_3335636.jpg

しかもあまりに広大な敷地 (サッカー場1000面近く) のため、週末で人が多いはずなのですが、全く気にならないのがいいのでしょう。

近くにはこんな古いおしゃれなベンチもありました。5人が譲り合って座れるように、うまく出来ていますね。
c0181238_350997.jpg

たっぷり2時間ウォーキングしてから、お目当てのPaulでフランスパンとミルフィーユを買いました。

パブリックスクールOBリーグでのフットボールの試合を1-0で終えた次男を学校でピックして帰宅し、早速美味しいフランスパンにオムレツの食事。
TVでお気に入りのチームのFA Cupの試合を応援しています。大声で応援していると、だんだん夜食のミルフィーユが今から楽しみになってきました。また明日もウォーキングしないといけないようです・・。

以上、Day-52、です。

  by aldenhamschool | 2009-01-24 23:59 | 倫敦生活

エロス・ラン: Day-51

オーデナム校の伝統的な行事に"Eros Run" (エロス・ラン) があります。
c0181238_19404822.jpg

ロンドンピカデリーサーカスに1893年に建てられたエロスの像。実はその作者は我が校卒業生のSir Alfred Gilbertで、その手によるエロス像もう一体が我が校に寄贈され、今でも平和のシンボルとして生徒達を見守っています。
c0181238_1949654.jpg

これを記念して毎年行われているのが、「エロス・ラン」です。生徒はもちろん、教師・職員・OAs(卒業生)が毎年7月の卒業式の日にピカデリーサーカスから学校までを走ります。もちろん安全のために早朝の4時に学校に集合して移動。5時にはスタートです。それぞれがチャリティーのために、これまでの学校生活の想いを胸に、およそ24kmを走り抜けます。ロンドン市街は好調に走り抜けても、15kmから20km地点はずっと登り道で挫けそうになるものです。しかし多くの給水・補給ポイントが設置され、そしてバイクや車での先導はもちろん、たくさんの応援がランナーを支えます。遅いランナーは8時過ぎに登校途中の生徒達に迎えられるおまけ付きです。

そして今年からは、「エロス・ウォーク」もスタート。これはOAs夫妻が設立したアフリカ・マラウィで行っているチャリティーに参加するためです。昨年はこの寄付のお陰で最初の校舎が完成して、"Aldenham Block"と命名されました。現地の子供達は、遠い学校へ通うために一日24kmを歩かなくてはいけないそうですから、この新しい学校建設の意義はとても大きいと思われます。その同じ24kmという距離を、我が校の関係者が走り、歩く、というのも運命的なものを感じさせられます。

これからも様々なかたちで国際社会に貢献できる良き地球人の一人になってほしいと願っています。

以上、Day-51、です。

  by aldenhamschool | 2009-01-23 01:11 | 学校紹介

メールアカウント: Day-50

日本デスク設立準備50日目の今日、専用のメールアカウントが設置されましたのでご報告いたします。

JapanDesk@aldenham.com

皆様からお問い合わせのメールを頂戴し心より御礼申し上げます。これからは、この学校のメールアドレスにて連絡させて頂きますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

次には、WEBに日本デスク専用のページを設置します。校長とのインタビュー記事も日本デスクページにアップする予定です。2月初旬に実現しますので、もう暫らくお待ち頂ければ幸いです。

[[ ↓ 校長を囲む卒業生(18歳) ]]
c0181238_20273382.jpg

以上、Day-50、です。

  by aldenhamschool | 2009-01-22 00:01 | 日本デスク開設

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE